InTheHymn_TV

毎月第4日曜日22:00〜 ライブ配信します。



2008年09月30日

080930 耳を洗う。


このところ、まとまった曲数の編曲をこなさなければならず、ピアノにへばりついている時間が長い。
アイディアがうまくまとまっていけば楽しいが、"なんとも手詰まり"とか"頭っからやり直し" みたいな状況が続くと、かなり気が滅入る。
さらにこの状況が悪化すると、「闇雲に書き込んでは、何度も消して」状態に陥り、消しカスの山を築くだけになってしまう。
(サルの×××よりひどいか?)
こうなったら、しばらくその曲から離れるしかない。

そこで、気分転換には寝るのが一番と、横になってみるが、頭のなかで曲のことが駆け巡ってしまい、全く寝付けないことしばし。
(別に、キザでも大げさでもなく。)
仕方なくTVをつけても、何だかうるさく感じるし、本を読むような集中力は萎えてるし・・・。
閉塞感、不快感。

なす術なく、ひとり眉間に皺を寄せてイライラしまくってると、季節柄か、ふと耳に聞こえる虫の音。
閉め切った窓越しでも、薄っすら耳に届く。
その静かな響きに、"心" とまで言うと少々胡散臭いが、"耳" を洗われた心地。

虫の音、鳥の声・・・変な意図とか、ましては邪心などゼロだから美しいのだろうか?
いや、そもそも虫にしても鳥にしても、邪したり邪さなかったりするような"心" 自体を持ってないか?
まぁ僕は、年中"無垢な音楽" しか楽しまないような清らかな人間ではないので、泥臭い"歌" も好きなんだけど・・・・。

ウダウダと屁理屈をこねながら窓を開ければ、より一層、美しい音のさざなみ。
(ウチはそんなにド田舎ではないので、程度は知れてるが、それでも。)

一応"芸術の秋" っぽく。

(※動画の"虫の音" は、自分で録音したものです。)

********************


http://jp.youtube.com/watch?v=c7M1Se-p7uk
秋の夜長に、ニール・ヤング。

********************

"IN THE HYMN" 初回プレスをご購入の皆様へ[再掲]

初回プレスでの一部タイトル誤表記を訂正した、バックインレイ(ケース内の裏表紙) を無料で配布しています。
詳しくはこちらのサイトで。
http://inthehymn.seesaa.net/article/106681404.html

********************

W.Marsalis: Think Of One
Boz Scaggs: But Beautiful
J.Henderson: TETRAGON
T.Monk: The Unique
N.Young: Harvest
K.Jarrett: Standards Live
C.Ogerman & M.Brecker: CITYSCAPE
A.Blakey: A Night At Birdland, vol.1
The Pointer Sisters
G.Benson: Weekend in L.A.
S.Rollins: The Bridge
M.Davis: Miles Smiles
J.Taylor: Greatest Hits
K.Jarrett: At The Deer Head Inn
The Amazing Bud Powell, vol.1
R.Charles: Strong Love Affair


posted by NaoShine at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鶏肋ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。