InTheHymn_TV

毎月第4日曜日22:00〜 ライブ配信します。



2008年04月23日

080423 "明けゆく空に薄月を求め、小鳥の庭にひとり彷徨う"

  • K.Jarrett: At The Deer Head Inn
  • SADE: Diamond Life
  • H.Mobley: Soul Station
  • G.Karr: MENDELSSOHN; Songs Without Words
  • S.Rollins: A Night At The Village Vanguard, vol. 2
  • the orb's adventures beyond the ultraworld [double album]
  • K.Jarrett: The Melody At Night, With You
  • M.Davis: RELAXIN'
  • Rod Stewwart: Gasoline Alley
  • Pharoah Sanders: THEMBI

moon_lost.JPG
 今朝は、週に一度はやるようにしている"ジョギング" に出かけました。(傍目には"ウォーキング" に見えるかもしれないが・・・"散歩" とは絶対言わせない !!) ダラダラと小1時間あまり汗をかきます。

 毎回"深夜か早朝" という時間帯に敢行するのですが、今朝に限って「あと10分でゴール。」 という頃に、遠くの空に薄れていく綺麗な月を発見。何か惹かれるものを感じて(柄にもないか?)、携帯で写真でも撮ろうと思い立ちましたが、「まぁ、ゴールして息を整えてからでも・・・。」と、そのまま歩みを進めしまいました。すると、どうでしょう、たった10分しか経っていないのに、いざ撮ろうとしたときには月が見つかりません。ここであきらめればいいものを、なぜかムキになってしまい、月の見える場所をもとめてさらに徘徊。ふと高まった鳥の声に我に返れば、近所の緑深い公園にまで来ていました。もう空も明けきっちゃたから、ダメ。「じゃあ、この"鳥の鳴き声" でも・・・」と携帯で録音。

 すばらしいオーケストラ。

 ベンチに座りながら久々に穏やかな朝の空気を吸い、このところのガサツな毎日を自覚。かの大作曲家など、この"鳥の鳴き声" を譜面にまで起こしたとか。

 その"汚れなき響き" につつまれて、"ジッと手を見る" バカ者が一人・・・。カラスに鳴かれて、帰ってきました。

Gary Karr: The Spirit of Koussevitzky

 コントラバスの超絶技巧という以上に、柔らかくて温かく、優しい音楽で満ちたゲーリー・カーの作品。

 このアルバムの選曲はあまり有名でないものが多いかもしれませんが、その分、美しい音そのものを味わえる気がします。

 冒頭のラフマニノフの"ヴォカリーズ" は、彼の他のアルバムにも収録されていますが、僕はこのアルバムのものが最も好きです。

 器楽でありながら、優しい"歌" がいっぱい詰まっている一枚です。


posted by NaoShine at 08:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 鶏肋ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

080410 "月曜夜の過ごし方" [ドラマー必聴 !!]

  • G.Ohtsuka: Live at TARO, 1976
  • K.Jarrett: At The Deer Head Inn
  • K.Jarrett: Somewhere Before
  • G.Ohtsuka with M.Vitous: Guardian Angels Live !!
  • D.Gordon: GO
  • K.Jarrett: Tribute [disc 2]
  • The Great Jazz Trio: At The Village Vanguard
  • P.Erskine: JUNI
  • C.Bley: Big Band Theory


僕は毎週月曜日の夜、とある場所で音楽の勉強(!)をしています。
いろいろと学んでるような、ただ楽しんでいるだけのような、はたまた、怒られてまくってるような・・・。
上の音源は、その様子の実況録音です。
マズい録音器材のため音質は良くありませんが、よかったら聴いてください。
特にドラマーの方に聴いていただけるとうれしいです !!
"言葉が通じない"・・・同じ言語で話していても起きてしまうんだな、と痛感している春のこの頃。
なんともやるせないが、しようがないか。
誰が言ったか、「サヨナラダケガ、人生ダ」。
posted by NaoShine at 11:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 鶏肋ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。